先日永きに亘り大変お世話になっているR銀行のH副社長が弊社へご来社されました。
H副社長から「曽根社長のブログで取り上げていた京大総長の山極氏は素晴らしいですね。私も大好きです。」とのお言葉をいただきました。
それからしばらく、H副社長と山極氏の話で盛り上がったことは言うまでもありません。
このようなことがあると、「ブログをやっていて良かった!」と心から思います。

私のブログで取り上げた山極寿一氏の言葉は下記の通りです。

□多くの人は「わかること」が「学び」だと勘違いしている。「わからない」ことを「知る」のが学びだ。
□違う人間のことをわかろうとするのではなく、違うことを前提に自分1人ではできないことを一緒に作り上げていく、という社会のあり方を学ばなければならない。

H副社長のおかげで、昨日と本日の早朝に山極氏語録を調べたのですが、すごく響いたものが有ったので取り上げます。

「世の中にブレークスルーを起こすような発想は、決して一人の思考からは生まれません。仲間とそのきっかけとなるような考えを繰り返し出し合いながら、思考を深めていく過程が必要です。そして、その語らいは楽しいものでなければならないのです。」

もうひとつ

「利益を重視することで社会は効率化されますが、そのせいで信頼よりも対価を求める関係性が出来上がります。それはアメリカ社会のドライな関係といってもいい。でも、それが私たちにとって本当に生きやすい世の中かというと疑問です。」

深~いお言葉です。「そうだよな~~」と納得・共感しました。

最後に、私が最近心掛けていることを披露します。

仕事、プライベートの目標を達成するため、今を楽しみながら、今に感謝しながら、毎日少しでも前進しよう!

努力を楽しめる人になりたいと思う今日この頃です。

カテゴリー: other, ダイワコーポレーション   パーマリンク