皆様はゆっくりお休みできましたでしょうか?帰省や旅行で逆にお疲れが増した方も多いようですね。
私は高校時代からの親友たちや友人・知人との忘年会や、1月2日には会社の皆さんと初打ち(ゴルフ)をして休みを満喫しました。

年末年始のお休み中、沢山TVを観たのですが、一番興味深く楽しみにし、実際に視聴して感動したのは、大晦日に開催されたRAIZINのメイウェザー選手の圧倒的な強さです。
試合が組まれ、対戦の日を迎えるまで対戦相手の那須川天心を舐めきった態度にすごく腹が立っていたのですが、メイウェザーの強さは半端なかったです。脱帽です。
エキビションマッチとは言え、「本気」で戦った那須川天心の敗戦後のコメントが素敵すぎて泣けてきました。主要部分を下記します。
*メイウェザー:アメリカのプロボクサーで元5階級制覇王者。50戦無敗。41歳。
*那須川天心:日本のキックボクシング王者。20歳で28戦無敗。「神童」と呼ばれてきた。
*この試合はボクシングで行われた。結果はメイウェザーの圧勝 1ラウンド2分19秒TKO勝ち

”結果は倒されてしまいましたが、後悔はないです。もっと出来ると思った自分が情けないし、悔しかったですが、現実を受け入れて、またチャンスがあれば何事にも逃げずに挑戦したいと思います。
チャンスを活かす為の努力がまだ自分には足りなかったことに気付きましたし、この敗戦を機に自分自身を改善して今年は大きく突き進んでいこうと思います。
色々ありましたが、メイウェザー選手は本当に凄く強かったです。
舐めていたのは僕自身でした。
僕も必ずそこの域に行きます。
本当に格闘界を背負って行ける男になるまでは、まだまだ先ですが、これからも応援よろしくお願いします!
この一戦に携わってくれた皆様、ありがとうございました。
戦ってくれたメイウェザー選手、ありがとうございました。”

どうですか。那須川天心のこれからが更に楽しみです。偉大な世界中から恐れられる格闘家になって欲しいし、そうなると信じています。

今日は朝礼後9時に会社を出て、日頃大変お世話になっている主要取引銀行様5行を訪問してきたのですが、どちらの銀行も例年より来客が少なくスムーズにご挨拶することができました。得をした気分です。

社内報1月1日号では、社員の皆さんに以下のメッセージを送りました。
”営業倉庫業者としての『現場力』、それを基盤とした企画提案を行う『営業力』、シェアリングエコノミーの発展でますます求められる『人間力』、この3つの力を向上させていけば、我々は十分に勝ち残ることができる。
そのためにも、業務のさまざまな部分で皆さんと真正面から向き合い、本音で語り合いながら、ベクトルを合わせていきたいと考えています。”

ダイワコーポレーションは現場力、営業力、人間力、3つの力をつけながら今年も力強く前進してまいります。
引き続き宜しくお願い申し上げます。

今年も皆々様にとって最良の一年になりますようお祈りしております。

カテゴリー: other   パーマリンク