株式会社 致知出版社から届いたメールの【今日の言葉】に 野村克也氏(プロ野球解説者)の座右の銘が載っていました。

勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし

昔TVで聞いたことのあるフレーズでありすごく私の心に響いたので、すぐにネットで検索したところ、この言葉は江戸中期~後期の肥前国第9代平戸藩主、松浦清氏が書いた隠居後剣術の指南書「剣談」の中に出てくるそうです。

松浦清氏は大名でありながら、心形刀流剣術の達人であり、西洋学も熱心に勉強していたそうです。

今風に言えば、文武両道を究めた人物です。

勝負は時の運とはいうものの、ひとつだけはっきり言えることがある。
偶然に勝つことはあっても、偶然に負けることはない。
失敗の裏には、必ず落ち度があるはずなのだ。

「たまたま運がよかった」というのも、もしかすると、運を味方につけるような努力をしていたのかも知れないし、知らないうちに徳を積んでいたのかもしれない。だとしたら、運の善し悪しを決めるのは、日々の過ごし方の如何によるのだろう。勝った負けたで一喜一憂する必要はない。

色々なことに興味を持ち、それを探求し究めた人にしか言えない深い言葉だと思います。「偶然に負けることはない」に同感です。
仕事もスポーツもすべてに言えることですが、必ず負けた理由=「落ち度」があるはずです。

悔いの残らぬよう、言い訳しないよう、「落ち度」にできるでけ早く気づき改善するよう努めようと思います。

勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし

この言葉は自分の士気を鼓舞するためにも、これから大切にしていきたいと思います。

カテゴリー: other   パーマリンク