第23回平昌冬季オリンピック大会が昨日閉会しました。
17日間に及ぶ熱すぎる戦いは我々に興奮と感動を与えてくれました。
冬季過去最高となる計13個のメダルは、チーム日本がやってきた強化策や競技用ウェア開発が正しかったことを表していると思います。
普段の努力が報われて本当に良かったです。

私がすごく感動したのは4つあります。
☆ 男子フィギュア羽生選手の金メダル
   → 多量の痛み止めを飲んでの奇跡の復活V。
     しびれました!
☆ スピードスケート女子500M小平選手のオリンピック新記録での金メダル
   → 今季向かうところ敵なしの小平選手だけに
     プレッシャーに押しつぶされてしまうのでは?
     と心配していましたが、余裕の金! レベルが違います。
☆ ノルディックスキー男子複合 ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部選手
   → 肋骨が骨折していることを隠しての銀メダル。
     格好良すぎます!
☆ 女子カーリングの銅メダル獲得
   → 何試合かはTVで観戦しましたが、奥が深いですね。
     この競技のファンになりました。

私は冬のスポーツにはほとんどご縁がなかったのですが、今からでも奥の深さやおもしろさがよくわかったカーリングであれば、始めてみたいと思いました。

次回北京で開催される冬季オリンピックでは、13個を大きく上回る20個以上のメダルを獲得して欲しいと願っています。

カテゴリー: other   パーマリンク